クレジットカード現金化分析指南書

ようこそクレジットカード現金化分析指南書へ!このページはクレジットカード現金化に対する情報が豊富なもので、クレジットカード現金化素人さんの皆様から豊富な知識がある皆様まで充実した内容の構成になっているんです。 - 業者を経由したクレジットカード現金化での注意点はこれだ

業者を経由したクレジットカード現金化での注意点はこれだ

クレジットカードによる現金化は、昨今利便性が高まっています。
とはいえ後日支払いが回ってきます。
基本的には借金と同じことです。
そのため始める前には、いくつかの注意点を必ず確認しておきましょう。

換金率が下がる

業者を経由したクレジットカード現金化は、一方では安心感があります。
とはいえ個人で現金化するケースと比べれば、当然換金率が下がります。
つまり仲介料、手数料が引かれるためです。
これを安心料と考えられるかですね。
もちろん扱う商品にもよりますが、換金率70~80%が目安と捉えるべきなのでしょう。
欲を出してはいけません。

入金までに時間がかかる

業者というワンクッションを置きます。
そのため一連の作業が済むまで、一週間程度要することもあります。
つまり入金までに時間がかかるのが一般的です。
もちろんニーズに合わせた業者もあります。
ただしその場合には換金率がさらに下がることになります。
特急料金ですね。必要ならば仕方ありません。
とはいえ深みに入り込まないよう気をつけましょう。

違法性はないのか

弁護士やクレジットカード会社からすれば、業者を介したクレジットカード現金化は違法と写るのでしょう。
とはいえ商品を購入する!
そして支払いを滞らせない!
この原則を守っている限り、咎められる筋合いではありません。
そもそも貸金業法を改悪して消費者を追い込んだ責任は追及されていません。
法律を作りかつ運用する人たちは、現実を見ておらず勝手なものです。

まとめ

業者を介したクレジットカード現金化には、いくつかの注意点があります。
これらを守れる人だけが、現金化にチャレンジしましょう。
あくまでも自己責任です。